サービスライントップ > ディスクローズ・連結決算支援

サービスライン:ディスクローズ・連結決算支援

求められるディスクローズの質・量を最新の会計に熟知した専門家がサポート。

会計基準の改正、四半期報告書制度、内部統制報告制度の導入など、経理部に求められるディスクロージャーの質・量は高まってきております。会社法上、求められる計算書類の作成支援、金融商品取引法上、求められる有価証券報告書等、取引所ルール上、求められる決算短信など、新しい会計基準、開示基準にキャッチアップしたディスクローズ支援を行います。また、連結財務諸表も、グループが拡大するとともに、知恵を使った効率的な連結決算体制が求められます。決算早期化を重視し、より正確な決算を行えるようなチェックポイントを押さえた、連結財務諸表作成支援も行います。

支援の内容

連結財務諸表の作成

連結パッケージの作成支援、月次連結支援、連結キャッシュ・フロー計算書作成支援、セグメント情報作成支援、会計処理のご相談

有価証券報告書の作成

四半期報告書、有価証券報告書作成支援、開示内容のご相談

計算書類の作成

計算書類等作成支援


<連結決算早期化支援フェーズ> <ディスクローズ支援フェーズ>

導入のメリット

情報のキャッチアップ

四半期決算、内部統制制度の導入により、今後より一層企業にはディスクローズ・決算の早期化が求められています。そのため企業は新会計基準や税制改正などめまぐるしき変わる法制度をキャッチアップする必要があります。弊社では公認会計士、税理士を初め経験豊富な専門スタッフが最新の情報を提供いたします。

迅速な決算処理

ディスクローズ・連結決算の早期化には、親会社様はもちろん各子会社様において迅速な決算処理が欠かせません。特に子会社様では人手不足から連結パッケージの精度が低く、手戻りなどが起き、業務が非効率になっている場合が多々見受けられます。弊社の専門スタッフが子会社様の連結パッケージの作成、決算業務を支援いたします。

業務フローの確立

ディスクローズ・連結決算など作業は往々にして特定の担当者に限られており、業務を可視化することで業務が効率的行われているか問題点を洗い出し、ディスクローズ・決算の早期化の支援・助言を行います。

システム化

ディスクローズ・連結決算の早期化の決め手は、少人数でも対応可能なシステム化にあります。
弊社は第三者的な立場で貴社の業務に合ったディスクローズ・連結システムの選定、導入支援、運用までを行い、決算早期化に最適なソリューションを提供いたします。

弊社の強み

最新情報の提供

会計基準の変更等、最新の会計トピックスをご提供いたします。

ディスクローズの専門家が行うディスクローズ支援

情報開示では適時性・正確性が問われます。ディスクローズの専門家が迅速に対応し、作成支援いたします。

豊富なノウハウと実績

数々の連結財務諸表作成支援を行ってきた経験を生かし、ベストプラクティスの提案を行います。人員配置や帳票管理はもちろんん、決算早期化のアドバイスも行います。

関連クライアントVOICE

ホームページからのお問合せ

お問合せ ご不明な点は、ホームページよりお尋ねください。
のちほどスタッフがご連絡させていただきます。